認知症と在宅介護を考えるブログ

キレる高齢者への対応はどうする?

time 2017/07/25

キレる高齢者への対応はどうする?

キレる高齢者とは、突然暴力をふるったり暴言を吐く、中には相手に水を掛けるなど暴力行為に走る高齢者のことを言います。そんな暴走高齢者が増えているようなので驚きです。高齢になると穏やかな性格になる方が多いと思っていましたので(ただの思い込みのようですね)。ではキレる高齢者にはどう対応すればいいのでしょうか?

 

とても些細なことでキレる高齢者

「タクシーに乗っていたら運転手が急ブレーキをかけた」「スーパーのレジ係がお釣りを間違えた」「病院での待ち時間が長い」「買った商品がイメージと違った」などなど、「え? この程度でキレる?」と思うような理由で突然大声をあげて暴れる、暴言を吐く高齢者が増えています。

キレる原因が重大なものであれば共感できるのですが、日常の些細なことで感情を爆発させるのはなぜでしょうか? 高齢になると脳の機能(とくに前頭前野)が低下し、自分の感情を上手にコントロールできなくなることが原因の一つと言われていますし、「日本の高度成長期を支えてやったのだから、もっと丁寧に扱え」と思い込んでいるという指摘もあります。

 

高齢になるとプライドが高くなる方もいるようなので、下手に言い訳したり反論すると返って怒り(火)に油を注ぐことになりかねません。ただ一方的に謝るだけでも根本的な解決にならないそうです。ではどうすればいいのでしょうか?

 

実はやくざ風の男性や屈強な相手にはキレない老人がいる

どんな相手にもキレるように思える暴走老人ですが、相手が屈強な男性や反社会的な勢力に属しているように見える相手には暴力や暴言で突っかからないという特徴があるそうです。ケンカしても勝てそうにない相手はスルーを決め込む冷静さ、客観性もあるようなのです。

 

何となく悪質な気がしてきました。純粋に脳の機能低下が原因でキレるのであれば、相手が誰であろうが暴力・暴言で対抗するように見えますよね。そうではない、という部分に意図的なもの、悪質さを感じます。

相手がか弱い女性、同じ高齢者、サービス業に従事する方など「自分よりも立場が下」と思える人には暴力をふるえる、暴言を吐けるわけですから毅然とした対応が必要です。暴走老人を怒らせたことには謝罪しても、必要以上に暴言を吐く、暴力をふるうことは許されません。

 

あまりにも酷いキレ方をする高齢者には警察を呼ぶ、施設に警備員がいれば警備員を呼ぶなどの対処が必要です。もし相手の言いなりになってしまうとますます付けあがります。

 

暴走老人は屈強な男の人だけではなく、制服を着た方にも苦手意識があるようなので怒りが収まらないときはすぐに警察や警備員を呼んで対応してもらうことです。

 

まとめ

キレる高齢者が増えており、いつどこで被害に遭うか分からない状況です。とくにサービス業、接客業、医療関係者は注意が必要です。キレる高齢者対策(マニュアル作成など)をしておくと安心ですね。

 

 

down

コメントする