認知症と在宅介護を考えるブログ

認知症になるとどうなるの? その経過を知る

time 2017/10/13

認知症になるとどうなるの? その経過を知る

認知症という病気、多くの方から注目されていますが症状への対処法の情報は良く耳にしますが、発症から看取りまでどのような経過を辿るかをさらっとまとめた文章がありませんでした。そんな時、みんなの介護で連載されているこちらの記事が役に立ちました。母は認知症初期なのですが、だんだん症状がすすむと失禁などの症状が出るようです。

 

認知症かな?と思ったきっかけはそれぞれ

以前ブログでも書いたと思いますが「母が認知症かな?」と思うきっかけは物忘れでした。オレンジカフェで出会った方々から「認知症に気が付いたきっかけ」を聞いていきましたが、皆さんそれぞれきっかけが違っていたのです。

 

認知症はさまざまな症状が出るため、一概に「この方法で見分ければ大丈夫です。認知症かどうかが分かります」という方法はありません。それがこの病気の奥深さであると思います。

リンク先の記事では「いつも綺麗好きだった祖母が、急にだらしなくなった。家が汚くなった」ことが認知症に気が付いたきっかけでした。このきっかけは人によってさまざまで……

 

  1. しっかりお金の管理をしていた方の財布が小銭でパンパン(計算できなくなるため、万札を出すから)
  2. お洒落好きな方がだらしない服装をするようになった(意欲低下)
  3. 些細なことで怒りっぽくなった(人柄が変わる)
  4. 一人になると怖がる・寂しがる(不安感)

 

などいろいろです。認知症は初期のうちに適切は治療を受ければ進行を遅らせることができます。上記のようなきっかけから早めに医療機関を受診させる方が良いです。

 

認知症の症状が進むとどうなるの?

リンク先の記事では、物盗られ妄想の症状が出たと明記されています。物盗られ妄想は認知症の割合良くある症状のひとつで、女性に多いと社会福祉士の方がおっしゃっていました。

男性は物盗られ妄想よりも嫉妬妄想の方が多いそうです。執着しているものに対して妄想を抱いてしまうようですね。正しい対処の仕方などはネットを探すといろいろ出てきますが、ネットでどれだけ血眼になって検索しても出て来ない情報が、オレンジカフェなどでは平気で出てきます。

 

 

認知症も症状が進むと患者が便失禁・尿失禁するようになりここが在宅介護が続けられる・続けられないの一つのラインになるようです。もちろんもっと早く施設に預ける方もいますし、寝たきりになっても在宅介護を続けられる方もいます。人それぞれですが、どこかで肉体的・精神的に「参った」と思うラインがあるはずです。

 

それを無視して介護を続けると、介護者が介護うつ病や要介護者に手を上げるなどのトラブルになる可能性があります。

 

まとめ

認知症を発症すると、だんだんQOLが低下して寝たきりになります。一度寝たきりになると元通りにはなりません。そのような状態にならないように薬やセラピー、リハビリでQOLを保つことが必要です。

down

コメントする