認知症と在宅介護を考えるブログ

認知症の治療法について

time 2017/12/15

認知症の治療法について

現代医学はかなり進歩していますが、それでも完治させる事ができない病気もたくさんあります。そのうちの一つが「認知症」です。根本治療は難しい病気ですが、それでも対応策はいくつか出てきています。その方法をまとめてみました。

 

認知症の治療方法は2種類

認知症は根本治療法が見つかっていませんが、ある程度の治療法は確立されています。その方法は2種類。「薬物療法」と「非薬物療法」です。

薬物療法は薬を使って治療する方法ですが、根本治療薬はまだ発売されていないため「症状を抑える」「病気の進行を遅くする」ことしかできません。非薬物療法は薬を使わない方法で病気の進行を遅らせることです。

 

薬物療法に使われる薬にはアリセプトやメマリー、レミニールなどの薬があり、患者の状況に合わせて処方されます。ところが中には薬を飲むと足腰が立たなくなる、吐き気がする、気分が悪くなるなどの副作用が出るケースもあるようです。

知人のお母さんが認知症薬を飲んだところ、酷い副作用ですぐに病院で治療を受けたそうです。下半身の力が抜けて歩けなくなったとのこと。お母さんに特にアレルギーなどは無かったそうですから驚きます。このようなこともあるので、薬の副作用については良く見ておく方が良いです。

 

非薬物治療は薬を使わない認知症対策です。よく園芸療法や音楽療法、回想法という言葉を聞きますが、これらはまとめて非薬物療法に分類されます。薬を使わずに野菜やお花を育てる、歌をうたう、昔のことを思い出して話しをしてもらうなどの方法で脳を刺激し活性化させます。

 

この方法がとても良く効く方もいるようですが、効果には個人差があります。服薬もそうです。認知症の治療はすべての方に100%の効果が出るわけではないのです。

 

認知症の治療は焦らないこと

認知症は発症するまでに20年はかかる病気と言われています。また発症時も急に病気が進むわけではありません。治療も焦らずに「今すぐ薬を飲まないと命を落とす」「すぐに入院しないとどうにもならない」わけではありませんので、ゆっくり対処しましょう。

認知症はまだ根本治療が見つかっていない病気ですが、いろいろなアプローチで治療薬が開発されています。認知症の人と家族の会では「ただ今30連敗中ですね」と言われていましたので、なかなか病気の原因や病気進行のメカニズムが解明されていないのです。

 

まとめ

認知症の根本治療は難しいようですが、それでもいつか必ず治療薬が開発され、多くの方が認知症という病気から解放される日がくると信じています。

down

コメントする