認知症と在宅介護を考えるブログ

デジタル終活について

time 2018/02/17

デジタル終活について

今や一人に1台スマホは当たり前……の時代になりました。私はスマホは持っていませんが、PCは1台あります。スマホやPCは必要な時代になってしまいました。そんなPCやスマホですが、終活の一環としてこれらデバイスの整理整頓をされる方も増えているそうです。

PCやスマホのデータ整理も終活の一環

PCの中には必ず何らかのデータが蓄積されているものです。家族写真や恋人の写真、会社の資料、メールの内容など人に見せられるもの、見せられないものさまざまでしょう。

ある男性が亡くなった後、ご家族が男性のPCをチェックしたところ、なんと浮気相手と仲睦まじい様子で観光地で撮影された写真が多数出てきたというのです。奥さんとしてはかなりのショックだったのではないでしょうか?

このように「家族や外部の方々にとてもお見せできないデータ」がPCやスマホに残ってしまっている場合、データをどう処理すればいいのでしょうか?「そんなことはしなくていい。急に死ぬようなことはない」と安心してはいられません。

中高年になると明日どうなるか分からないのですから、データの整理くらいはしておいても良いはず。私は見られると困るデータはありませんが、デジタル終活の事は考えなければと思っています。

デジタル終活の場合、PCの中のデータをきちんと整理することが重要です。家族のために残しておきたいデータもあるでしょうから、それらデータは別の記憶媒体に残しておくと良いかもしれません。見せたくない写真はきれいに消してしまうのが一番です。

SNSアカウント閉鎖も終活の一環

私のFBのお友達に、80代の理容師の方がいたのですがあるときDMが来て「年も年なので、FBは止めます」と宣言されてアカウントを閉鎖されました。本当にびっくりしました。

確かに高齢の方なのでアカウントをどうされるのかと思っていたのですが、きちんと宣言されて閉鎖される方もいるようですね。ほかにもブログの更新を止める、ネットの利用自体を止めるなど終活の方法もさまざまなようですね。

いつまでも若いと思っていると、デジタル終活のタイミングを失ってしまいます。私もある程度の年齢になったら、SNSも辞めてしまうと思います。でもそれも終活の一環。整理するのは持ち物だけではなく、アカウントも同じなのです。

まとめ

PCやスマホでSNSを活用されている方も大勢いらっしゃると思います。これらアカウントの閉鎖も終活の一環ですね。それなりの年齢になったらやはり考えていきたいものです。

down

コメントする