認知症と在宅介護を考えるブログ

洗濯ものの匂い解消法とは?

time 2018/02/21

洗濯ものの匂い解消法とは?

我が家の場合、母は自宅のトイレで用を足し寝たきりと言うわけではないので特に問題はないのですが、在宅介護でご家族がポータブルトイレを使ったり寝たきりに近い状態ですと汗の匂いなども気になりますよね?そんな匂い解消法についてまとめてみました。

「介護は匂いとの闘い」です

「介護は匂いとの闘いなんですよ」と言うネットの記事を読みました。我が家の母は寝たきりではないのですが、時々尿漏れがしてしまうようで、洗濯ものが匂うときがあります。

このような時は通常の洗濯洗剤に加えて漂白剤を追加して除菌・消臭しています。簡単な尿漏れ程度ならこの方法で匂いは取れますね。シミも今のところはついていません。

これが夏場になると汗の匂いなども出てきますので、洗濯洗剤をちょっと強力なものに変えています。今は匂い対策用の洗濯洗剤が発売されており、ドラッグストアなどで簡単に手に入ります。

いつも使っている洗濯洗剤が1箱200円なのですが、消臭専門の洗剤になると350円くらいするので倍の値段になります。夏場だけちょっと高い洗濯洗剤を使って匂い対策をしています。

マメな洗濯で衣類についた匂いを取るのが基本かなと思います。夏場はシーツやタオルケットに汗の匂いがつきますので、週末、会社がお休みの日に母と私のシーツやタオルケットをまとめて洗います。

夏場なので乾きはとても早いですね。まずはマメな洗濯が重要だと感じます。長期間汚れた洗濯物を放置すると、かなり匂います。

消臭剤を使う方も多い

最近は在宅介護用の消臭剤なども発売されています。尿や汗の匂いがきついのは、分解酵素によるものらしいので酵素の働きを抑える成分が入った消臭剤や尿や便に含まれる匂い成分を除去する成分が入ったものなどいくつも製品が発売されているようです。

消臭剤はシーツやパジャマにシュッと一吹きするだけなのでお手軽ですよね。また部屋にかけておくと匂いを吸着する消臭シートなどもあるそうです。

在宅介護は匂いとの闘いと言われている通り、匂い対策の製品はかなりたくさんあるようですね。ただ基本的にはマメに洗濯すること、トイレの掃除をすることが基本かと思います。

ポータブルトイレも使用後のそのまま放置していれば匂いは凄いことになりそうですから、早めに処理してあげつのが一番良い対策かもしれません。それから認知症の方は洗面所などでトイレをしてしまうこともあるので、早めに掃除をするのも大切です。

部屋が匂うと「ここでトイレをしても良いのだな」と感じてしまうかもしれません。消臭剤などを使って匂いを消すとトイレで用を足してくれる可能性もあるのではないかと思います。

 

down

コメントする