認知症と在宅介護を考えるブログ

ものまねショーをみて認知症の進行予防

time 2016/12/17

ものまねショーをみて認知症の進行予防

ものまねショーが高齢者に受ける理由

先日、テレビでの報道で高齢者向けのものまねショーが大盛況に終わったことが報道されていました。ものまねショーで出演していた方々は、全国的にも有名なものまね芸人の方々ばかり。

karaoke_otoshiyori

ものまねされていた方々は美空ひばりや石原裕次郎、美川憲一さんなどおなじみの方々ばかり。とくに高齢者にとって石原裕次郎さんや美空ひばりさんは絶大な人気を誇っています。

石原裕次郎さん(ものまねですが)の歌が始まると、目をキラキラさせて喜んでいる高齢者もいました。映画のワンシーン(嵐を呼ぶ男)が始まると、ショーを見ている高齢者も熱が入ります。

大笑いをしたり共感したりで、楽しい時間を過ごせたようです。けれどなぜ、高齢者にものまねショーがうけるのでしょうか?

高齢になると認知症を発症していることも多く、そのような方々にとって「音楽療法」はとても良いのだそうです。カラオケで歌をうたうと腹筋を使いますし、口の周りの筋肉を動かします。これらの刺激が脳に適度に効くのだそうです。

さらに懐かしい美空ひばりさんや石原裕次郎さんの曲を聴くと「ああ、私が結婚した頃は裕次郎さんが流行っていたわ」「美空ひばりさんを聞くと、美空ひばりさんのコンサートに行ったことを思い出すわ」と、過去のことをさまざま思い出すそうです。

認知症患者には「音楽療法」「回想療法」が効く

この過去の出来事の「思いだし」には良い効果があるそうです。青春時代や新婚時代、バリバリ仕事をしていた働き盛り、子育て時代は、やはりその人の人生が一番輝いていた時期です。

fuladance_obaasan

「子どもを抱えて本当に大変だったけど、一番充実していた時期よね」と過去を振り返ると、失われていた自信を取り戻すことができます。昔なつかしい曲や芸能人のものまねをみると、過去の一番良い時期を思い出すのでしょう。

過去、自分が一番輝いていた時期を思いだし、自信を取り戻せる……ものまねショーを見ることにはそんなメリットがあるのです。

高齢者向けの歌謡ショーやカラオケイベントがこれから増える?

高齢者人口が増えるにしたがって、高齢者向けのイベントが増えていくものと思われます。とくに音楽療法であるカラオケイベントや懐かしの歌謡ショーなどは、人気の出るジャンルでしょう。

microphone8_oldwoman

ものまね芸人の皆さんは、このような分野で需要が今後は見込めますね。芸人だけではなく、介護施設の職員も、なにかものまねができるとプラスになるかもしれません。

down

コメントする