認知症と在宅介護を考えるブログ

認知症高齢者は熱中症に注意

time 2016/07/18

認知症高齢者は熱中症に注意

暑い夏がやってきました。九州は大雨が続いていたのですが、数日前から青空が見え始めました。青空が見えると気持ちはいいのですが、室温がどんどん上昇します。

ずっと雨続きで低い室温に慣れていた体が、突然、高い温度にさらされるわけですから体も慣れません。夏バテしてしまいそうになります。

free-illust-211

今年は暑くなるという予想も出ていますので、熱中症対策は万全に行いたいものです。【認知症の人は、特に熱中症に要注意、だそうです】こちらのブログには熱中症のことについて書かれています。大変参考になりますので、ぜひお読みください。

高齢者はとくに熱中症に注意

気温があがると熱中症になりやすくなりますが、とくに注意しなければならないのが高齢者です。高齢になると体のなかの水分が少なくなり、熱中症にかかりやすくなります。

高齢者は普段食べる食事の量や水の量が減るため、できるだけ普段からバランスのよい食事や十分な水分の摂取を心がけなければなりません。暑い時期はすぐに水が飲めるように経口補水液を準備しておくとよいでしょう。

free-illust-213

このとき補水液をキンキンに冷やしてしまうのは良くありません。

飲み物が冷たいと十分な水分が摂取できないうちに満足してしまい、水分不足を招いてしまいます。

水を飲むなら5~15℃のものが体に吸収されやすく最適です。

あまり冷やし過ぎないようにしましょう。

「電気量を節約したい」「体が冷えるのはイヤ」頑固な高齢者が危険

エアコンをつけるとどうしても電気を消費します。「年金がたくさんもらえない身で、エアコンなんて贅沢すぎる」と節約のためにエアコンをつけずに過ごしている高齢者がいます。

夏の昼間は窓を開けても熱気が部屋に入ってきて、とても過ごせるものではありません。「冷えすぎるのが嫌だから、エアコンなんかつけたくない」と言ってエアコンを使用しない方もいますが、これも危険です。

エアコンは設定温度を変えることができますので、冷えすぎるのが嫌なら設定温度を27℃程度に調整しましょう。エアコンをつけると空気が乾燥しますので、部屋に洗濯物を干したり観葉植物に水をあげる、マメに水分を補給するなどの配慮が必要です。

認知症高齢者の注意点

認知症になると思うように言葉が出てこなかったり、暑さを感じにくくなり熱中症になる可能性が高まります。なかには真夏なのにセーターを着るといった、着衣失行という症状が出てくることもあり、大変危険です。

昼間、暑い時間はエアコンをつけること、水分を多めにとること、着る服に注意することなど、認知症高齢者には細かいケアが必要です。

down

コメントする